いろいろな予防策

名古屋水道修理隊

詰まらせないための予防策

トイレを詰まらせないための予防策のご紹介。どのようなことに注意すれば良いのか考えてみましょう。

トイレットペーパー以外は流さない
トイレットペーパー以外をトイレに流さないよう心がけましょう。
トイレットペーパーがなくなってしまった場合でも、ティッシュペーパーやトイレ用以外のウェットティッシュをトイレに流していけません。トイレットペーパーは、ただの薄い紙に見えるかもしれませんが実は水の中ですぐにとける水解紙という特別な紙で作られています(再生紙で製造されたもので一部例外もある。)。
通常の紙は当然の事ですが、水に溶けない性質がです。紙おむつは、赤ちゃんの汚物がついているのでトイレに排水してしまう方もおみえですが重大な詰まりの原因となります。トイレットペーパーでも大量に排水してしまえばトイレつまりの原因となりますので注意してください。紙以外にも、たばこの吸い殻や小さいゴミを流してしまうことを多くみられます。トイレに繋がっている排水管は、一般的に約75cmです。トイレは、汚物とトイレットペーパー以外のものは流さないことを前提として設計し製造されているのです。

便器に落下してしまいそうな物トイレに持ち込まない
身に付けているものを気がつかなくてトイレに落とし排水してしまうような事故を防ぐことも大切です。携帯電話やスマートホンなど比較的重い物なら気付きやすいのですがアクセサリーなどの装飾品やポケットの中に入れておいた小物などは落下したときに大きな音がほとんどしないので気がつかないことがあります。排水す前によく確認する習慣をつけて落下しそうなものは、できるだけトイレに持ち込まないようにした方がいいでしょう。それ以外にも、トイレ内に置いているものが便器に落ちることがあります。一番多いのは棚からの落下物です。地震など大きな揺れがなくてもバランスが悪ければ落下します。トイレを利用しない時は便座カバーをきちんと閉める癖をつけて落下しそうな場所には物を置かないよう心がけましょう。

タンクに異物を入れない
節水の目的でペットボトル等をタンクの中に入れている人は要注意です。節水には、有名な節水方法かもしれませんが、排水するための必要な水量が減りトイレつまりのリスクが高まります。節水のつもりが、トイレつまりを起こしたせいで出費が高くついてしまった。と、いうのでは逆効果です。一見、スムーズに排水しているように見えても、排水管の奥の方で少しずつ残留物が残って詰まりの原因になり、ある日突然大洪水になるというケースもあります。節水することは、地球環境上大変良いことですがトイレに限っては、水量制限をせずそのまま利用することを推奨します。

当社では、愛知県全域で出張修理を承っております。また、電話無料相談も承りますが、詳しい状態が解らない場合には、電話だけでは対処できないことがありますので告知しております。

電話相談対応時間は、9~18時です

悪質な水道業者からの高額請求にだまされないために

予期しない詰まり・水漏れなどをすぐに解決したい水トラブルが発生してしまった時も焦りは禁物です。その気持ちにつけ込まれて高額修理費用を払ってしまった方も少なくありません。水トラブルが起きてしまったときこそ慌てずに信用できる最寄りの水道業者を選ぶようにしてください。もし不審に思う訪問販売などがあれば宅内に入れず悪質業者の疑いがあれば警察に通報するようにしましょう。また、「この料金は適正かな?」と不安を感じることがあれば施工作業を断り他業者に再度の見積もりをするるよう依頼してください。
水道工事の料金には明確な規定が無いため費用は水道工事店でそれぞれ変わってきます。ですが、良心的な工事店でしたら概ね作業料金の相場があるので普通であればお客様が納得いかないほどの高額請求されることがありません。しかし、悪質な水道業者の場合は1度の施工作業で高額な請求をしてきます。
高額な請求をするために工事内容の内訳をハッキリ示さなかったり工事店の名前や所在を伝えなかったりと詳細を隠そうとすることが見受けられています。
詰まりや水漏れなどの水まわりトラブルが起きなくとも普段から信用できる水道業者に定期的に点検を依頼していれば突然の水トラブルが起きてしまった際にも柔軟に対応してもらうことができますし継続して依頼することで高額な請求をされる事もほぼないでしょう。
水トラブルが発生してしまった際に慌てて業者選びをすると勘違いをして悪質な水道業者を選んでしまうこともあります。そうならないためにも万一の水トラブルに備えて信用できる業者を見つけておくことも大切な前段階となります。

業者から高額請求された時の対処策
業者から高額請求された場合、以下の対処策を検討することが重要です。

●請求内容の詳細を確認する: 請求書や見積もり書を入手し、修理や作業内容、料金の詳細を確認しましょう。料金が妥当かどうかを判断するためには、請求内容を把握することが重要です。
●見積もりの比較と相場の調査: 複数の業者から見積もりを取り、料金の相場を調査します。同様の修理や作業を他の業者に依頼した場合の料金を比較し、高額請求されていないかを確認します。
●請求の正当性を問い合わせる: 業者に対して請求内容について問い合わせることも一つの方法です。修理や作業の内容や料金に疑問点がある場合、丁寧に質問し、説明を求めましょう。
●水道業者の意見を聞く: 業者との問題解決が難しい場合は、法律や消費者保護の水道業者に相談することを検討してください。彼らは適切なアドバイスやアシストを提供してくれる可能性があります。
●不当な請求に抗議する: 不当な請求であると判断した場合、抗議の手続きを進めることも検討しましょう。業者との交渉を試みるか、消費者保護機関や裁判所などに相談して適切な対処方法を見つけましょう。

高額請求に関する対処策は個別の状況や地域の法律によって異なる場合がありますので、具体的な相談は消費者保護機関や法律水道業者に相談することをおすすめします。

水道の修理依頼手順