いろいろな予防策

名古屋水道修理隊

詰まらせないための予防策

トイレを詰まらせないための予防策のご紹介。どのようなことに注意すれば良いのか考えてみましょう。

トイレットペーパー以外は流さない
トイレットペーパー以外をトイレに流さないよう心がけましょう。
トイレットペーパーがなくなってしまった場合でも、ティッシュペーパーやトイレ用以外のウェットティッシュをトイレに流していけません。トイレットペーパーは、ただの薄い紙に見えるかもしれませんが実は水の中ですぐにとける水解紙という特別な紙で作られています(再生紙で製造されたもので一部例外もある。)。
通常の紙は当然の事ですが、水に溶けない性質がです。紙おむつは、赤ちゃんの汚物がついているのでトイレに排水してしまう方もおみえですが重大な詰まりの原因となります。トイレットペーパーでも大量に排水してしまえばトイレつまりの原因となりますので注意してください。紙以外にも、たばこの吸い殻や小さいゴミを流してしまうことを多くみられます。トイレに繋がっている排水管は、一般的に約75cmです。トイレは、汚物とトイレットペーパー以外のものは流さないことを前提として設計し製造されているのです。

便器に落下してしまいそうな物トイレに持ち込まない
身に付けているものを気がつかなくてトイレに落とし排水してしまうような事故を防ぐことも大切です。携帯電話やスマートホンなど比較的重い物なら気付きやすいのですがアクセサリーなどの装飾品やポケットの中に入れておいた小物などは落下したときに大きな音がほとんどしないので気がつかないことがあります。排水す前によく確認する習慣をつけて落下しそうなものは、できるだけトイレに持ち込まないようにした方がいいでしょう。それ以外にも、トイレ内に置いているものが便器に落ちることがあります。一番多いのは棚からの落下物です。地震など大きな揺れがなくてもバランスが悪ければ落下します。トイレを利用しない時は便座カバーをきちんと閉める癖をつけて落下しそうな場所には物を置かないよう心がけましょう。

タンクに異物を入れない
節水の目的でペットボトル等をタンクの中に入れている人は要注意です。節水には、有名な節水方法かもしれませんが、排水するための必要な水量が減りトイレつまりのリスクが高まります。節水のつもりが、トイレつまりを起こしたせいで出費が高くついてしまった。と、いうのでは逆効果です。一見、スムーズに排水しているように見えても、排水管の奥の方で少しずつ残留物が残って詰まりの原因になり、ある日突然大洪水になるというケースもあります。節水することは、地球環境上大変良いことですがトイレに限っては、水量制限をせずそのまま利用することを推奨します。

当社では、愛知県全域で出張修理を承っております。また、電話無料相談も承りますが、詳しい状態が解らない場合には、電話だけでは対処できないことがありますので告知しております。
町村別地域紹介
大治町 蟹江町 東浦町 豊山町 阿久比町
武豊町 幸田町 南知多町 幸田町 東郷町
大口町 扶桑町

水道の修理依頼手順