排水つまりについて

水まわりの詰まりトラブルの原因や対策について

水回りのトラブルはとても困ることが多いです。その中でも困ることが風呂、台所、洗濯機の排水溝の排水の詰まりです。

宅内や飲食店で起きる水まわりで排水不良の原因の8割以上が「詰まり」が原因です。
排水管(下水管)内に汚物が蓄積し固まって詰まってしまうことで水が流れなくなったり逆流するケースで最も多いパターンの排水のトラブルです。「汚物」とは、排泄物だけでなはありません。油分や髪の毛。洗剤が変質した汚れなど汚水に含まれるあらゆる物質を示しています。排水配管は水を使っていない時は「空の筒」で水を使った時だけ水が流れる「汚水が流れる経路」で公道に流れていくにれ勾配が低くなっていきます。汚れた水を流すので内側が汚れて汚れが硬化してくると滑りが悪くなって「詰まり」が発生してしまいます。

水がうまく流れていかないことで、作業効率も低下してしまいますし、なんといっても不潔です。放置すると臭いやカビなども発生してきてしまうので、排水の詰まりに気づいたら早く対策を立てることが必要です。この詰まりの原因は台所であれば、小さな食材の切れ端などが、少しずつ排水溝に入り込んでしまってそれが、たまって排水を妨害してしまっているケースがあります。またずっと掃除をしていないことで、排水のドロドロの汚れが付着してこれが排水の詰まりを起こしているケースがあります。風呂では身体から落ちた髪の毛が排水溝に入り込んで、水をせき止めていることがあります。また洗濯機も洗濯ものからでた、汚れや髪の毛が洗濯機の排水溝にたまってしまって水の流れをとめてしまうことがあります。いずれも、原因と対策をしっかり考えて対処することが必要です。対処法としては、髪の毛や野菜くずなどをまめに掃除して排水溝にいれないようにすることです。台所ですと、野菜のくずが排水溝にいかにように、細かいネットをかぶせたりまめに掃除をすることが必要です。カビキラーなどを散布しておくのもいいでしょう。風呂場や洗濯機も、使用したときに、排水溝に汚れが付着していないかチェックすることが必要です。そして1か月に1度は排水溝に液体洗剤などで、中をきれいに洗い流すようにするのも1つの方法です。


愛知県内エリア別地域情報
尾張地域 知多地域 三河地域



総合サポート電話