早めに対処することで軽微で済むことが多い

名古屋水道修理隊

水トラブルは予期しない時に発生する

水トラブルは、日々の生活の中で予期せぬタイミングで突然起こってしまうものです。
水トラブルの対処の仕方などを知っていれば慌てることもありませんが水漏れが起こってしまってもどこに原因があるかを見分けられなければ応急処置を自分でできることも限られてしまうことが少なくありません。
思いがけないところから水漏れが発生していたり、予期せぬところから漏水を発見しても慌てずに適切な対応をすれば二次的被害を引き起こすこともないでしょう。
そうならないためにも水トラブルが発生しやすい箇所を知っておくと点検が容易にできて、日常生活に支障をきたすほどの水回りの不具合などを症状をもたらすこともないでしょう。
シンクで排水を行うと排水溝などに汚れが付着してしまって詰まりの原因となり、流れなくなった排水が排水管の接合部から水漏れを引き起こしてしまうこともあります。
油汚れや食べ物カスなどがたまりがちな流し台やシンクの排水口に比べると、洗面所には詰まりの原因となるものが少なく感じられるかもしれません。
しかし、毎日の生活をしていく上で使っている石鹸カスなどが管内にたまっていくと、固形化して排水溝などが詰まりの原因となってしまうことがあります。
その石鹸カスに付着した髪の毛なども例外ではなく定期的なメンテナンスを施さなければ排水管内には汚れがたまっていく一方で、蓄積されたゴミや汚れなどによって排水管内で硬化してしまって詰まりが発生すると排水の流れを妨げることにつながり接合部分などから水漏れにつながることを意識し、日頃から清潔を保っておくことによって水トラブルを予防する事が可能となりますので些細なことでも放置せずに適切な解消しておくことが水回りにとって大変良いことです。

解決絵の道案内

水まわりの二次的な被害とわ

水まわりのトラブルによる二次的な被害として、以下のようなものが考えられます。

床や壁などの浸水被害
:水漏れやトイレの詰まりなどで水が床や壁に浸み込み、カビや腐敗を引き起こす場合があります。
家具や家電製品の水害
水漏れや浸水により家具や家電製品が水没してしまうことがあります。
隣接する部屋への影響
浸水や水漏れが原因で、隣接する部屋にも水が流れ込むことがあります。

これらの被害を防ぐためには、水まわりのトラブルが発生した際には早急に対処することが重要です。また、定期的な点検やメンテナンスを行うことで、トラブルを未然に防ぐこともできます。

水漏れした時の二次被害がある場所の水漏れ特約適用範囲

一般的に、水漏れ特約は主に以下のような範囲に適用されることがありますが、具体的な適用範囲は契約内容や保険会社によって異なる場合がありますので、契約書や保険会社に直接確認することをおすすめします。

●室内の水漏れ: 主に住宅内部の給水管や配水管からの水漏れに対して適用されます。トイレ、洗面所、キッチンなどの水回りからの漏水や、室内の配管からの漏水に対する修理費用が補償される場合があります。
●隣人への水漏れ: 自宅からの水漏れが隣人の部屋や階下の住戸に被害を与えた場合、その被害の修理費用が補償されることがあります。隣人への水漏れによる被害に対する責任を保険が負うことで、被害者との間でのトラブルを回避することができます。
●被害箇所の修復費用: 水漏れによって壁や床などの建物の部分的な損傷が生じた場合、その修復費用が補償されることがあります。ただし、具体的な修復範囲や補償額は契約内容によって異なるため、保険会社の指示に従う必要があります。

水漏れ特約の適用範囲や補償内容は保険会社や契約内容によって異なるため、契約書や保険会社によく目を通し、詳細な情報を確認することが重要です。また、水漏れが発生した場合は、保険会社に速やかに連絡し、指示を仰ぐことも大切です。


料金コスト

普段からお使いの水道設備や水まわり、水トラブルの水道修理は当社におまかせください!当社は、水道修理に随時対応可能。水まわりの修理だけじゃなく小規模~大規模リノベーション工事もすべて昼夜対応で行うこともできます。TOTO/LIXILなど各種メーカー取り揃えていますので、お客様のご希望に合わせたご要望や高い機能と性能を備えた最新の設備で快適な暮らしをお手伝いいたします。