場面に応じたつまり抜き方法が異なってくる

名古屋水道修理隊

便器に固形物を詰まらせた時には、ラバーカップを使わないで下さい!

当社として固形物の除去する時にラバーカップを使用するのはやめたほうがいいとお伝えしておきます。
排水口にスポンジやペットボトルのキャップを流してしまった時など、そのまま放置してしまうと水の流れが徐々に悪くなり、詰まっている箇所で汚れが蓄積していき悪臭の原因となってしまうことがあるので早急に取り出すことが大切なことになってきます。スポンジやペットボトルのキャップなどの固形物を流してしまった時に水が流れるか試してみることがあると思いますが大量の水を流してもトラブルを解消すること一切できません。逆に排水管の奥深くにまで落としてしまったものが流れこんでしまっているのであれば、すぐに修理業者に修理をしてもらうと良いでしょう。
もし、目に見える範囲に流れてしまったなら、ラバーカップを使って固形物を取り出すことを考えますが絶対にやってはいけません。

ラバーカップは、押し引きをして詰まりを除去するアイテムです。ラバーカップを使う時には、最初に圧力を加えますのでその時に落としていった固形物が奥の方に入っていき取り出すことができになることが多く吸引と言っても吸引力が弱いので大多数のケースで取り出すことはほぼ不可能です。そのため、当社では、固形物を取り出すのにラバーカップを使用することを推奨していません。
台所の排水口から物を落としてしまった場合には、シンクの排水栓と排水管とつながっている部分が排水ホースであれば取り外して取り除くのが最善の方法です。また、塩ビ管であれば取り除くことが不可能でしたら業者にお手配して取り除いてもらうことが最善の解決方法となります。
様々なケースでつまりを解決する方法がありますがその場面によって対処方法が異なってきます。そして、様々な方法で台所の水の詰まりを対策することができますが、試してみても効果を実感できない場合には、状態が悪化してしまう前にできるだけ早く水道の修理業者に相談してみるといいでしょう。

解決絵の道案内

ラバーカップは、どんなアイテムなのか

ラバーカップは、水回りの配管のつまりを取るために使用される道具で、ゴムでできています。上部が広く、下部が細くなっており、つまり箇所に密着して空気を排出することで、負圧によってつまりを解消することができます。一般的には、トイレやシンク、バスタブ、シャワーヘッドなどの配管のつまりを取るために使用されます。

ラバーカップと真空ポンプを比較
ラバーカップと真空ポンプは、どちらも便器の詰まりを解消するための道具ですが、それぞれ異なる特徴と利点があります。

●ラバーカップ:
概要: ラバーカップは、ゴム製のカップで、手動で空気を押し込んで排水口に密着させ、真空を作ります。
利点:
手動で操作できるため、簡単に使えます。
コンパクトなサイズで持ち運びや保管が容易です。
一般的な詰まりに対して効果的です。

・注意点:
力加減や使用方法によっては、効果が出にくい場合もあります。
深い詰まりや硬い詰まりには限定的です。

●真空ポンプ:
概要: 真空ポンプは、空気を排水管から吸い出し、詰まりを解消するための専用のポンプです。
利点:
力強い真空を作り出すため、頑固な詰まりにも対応できます。
詰まり箇所に密着して効果的に作用します。
長いパイプを備えているため、深い詰まりにも対応できます。

・注意点:
操作方法や安全性について事前に正しい知識や技術が必要です。
構造が複雑で、取り扱いが難しい場合があります。
専用の道具であり、持ち運びや保管がやや煩雑です。

どちらの道具を選ぶかは、詰まりの状況や使用者の技術レベルによって異なります。一般的な詰まりや予防のためには、ラバーカップが効果的です。しかし、頑固な詰まりや深い詰まりには、真空ポンプがより適している場合があります。必要に応じて適切な道具を選び、使用することをおすすめします。また、安全に作業するためには、適切な方法や注意事項について事前に確認し、指示に従って作業を行うことが重要です。


料金コスト
冬場に多く水道設備の水トラブルが起きてしまいます。水の漏れや排水の詰まりなどの水道修理で水道業者をお探しでしたら迅速解決に対応致します。
水道の水トラブルに関連する電話相談にも応じていますので昼夜対応でカバーも地域限定で対応しております。水道修理から小規模~水道工事まで幅広く対応。各種メーカーの商品も取り揃えていますのでお客様のご要望にできる限り応じます。