スタッフの施工コラムから

名古屋水道修理隊

給湯器で水道配管で凍結が起きる

水道配管が凍結をして放置していると配管が破裂して給湯器が故障してしまう恐れがあるので保温材が剥がれかけているなど不具合が生じている時には、保温材を巻きなおすなどをしてしっかりと寒くなる前に予防する必要があります。
それ以外にもいくつかの凍結しないような予防方法がありますので記載しておきます。

【コンセントをつけっぱなしにする】
給湯器のコンセントはつけっぱなしにしている方がほとんどですが、これが一番の凍結予防法となります。
ほとんどの給湯器には、凍結予防ヒーターの機能がついていることが多くなっていますのくコンセントを抜いてしまうと、凍結予防ヒーターの機能が止まってしまいます。コンセントは、常に接続しておくことをおすすめします。
【自動ポンプ運転ができるようにしておく】
追い炊き機能がついている給湯器でスト自動ポンプ運転という機能が付加されていることがあります。
自動ポンプ運転とは、外気温が低くなると浴槽の水と給湯器内の水を循環させて凍結を防いでくれる斬新的な機能ですが浴槽に十分な水がないと機能しません。
凍結の恐れがある日には浴槽にある程度の水を貯めておくことで給湯器の電源を入れておくだけでも凍結予防となります。
【給湯器内の水を抜く】
寒冷地では常識的なことですがそれ以外の地域にお住まいの場合にはあまり知られていない水抜きです。水が通る配管内部に水があると氷点下4度以下になると水が凍るので、水を抜いてしまえば凍結は起こりません。
長い間を留守にする場合には、水道管と同様に給湯器の水も抜いた方がいいでしょう。水抜きの方法は給湯器によって異なりますので取扱説明書をよく確認して、取扱説明書がない場合には、インターネット検索で検索をすれば取扱説明書を見ることができます。それ以外には、製造メーカーのサービス部門にお電話をされてお聞きになってみることも良いでしょう。
【ガス給湯器自体を保温する】
断熱材やヒーターなどを使って給湯器自体を保温すると凍結防止に効果的です。
お部屋の中に給湯器があるのであればお部屋を暖かくすることで回避できますが屋外に設置されている場合には、発泡スチロールや専用の断熱材で保温すると外気温が下がっても凍結しにくくなります。


愛知県内拠点紹介
一宮市 豊田市 春日井市 岡崎市 安城市
水道のトラブル解決
尾張地区(尾張)
稲沢市 瀬戸市 長久手市 犬山市 江南市
小牧市 尾張旭市 岩倉市 清須市 豊明市
日進市 北名古屋市
尾張地区(海部・知多)
東海市 愛西市 常滑市 あま市 大府市
知多市 津島市 弥富市 半田市
緊急出動
三河地区
刈谷市 知立市 碧南市 みよし市 西尾市
高浜市 蒲郡市 豊橋市 新城市 豊川市


解決絵の道案内

料金コスト