詰まらせる原因を減らす

名古屋水道修理隊

廃牛指定医門と悪いものを分別する

トイレは何でも流して良いわけではありません。当然ながら、排水して良いものと悪いものがあります。排水してはいけないものを流すとトイレが詰まってしまう原因になる為、必ず分別して処理する必要が出てきます。

1.トイレに排水して良いもの
トイレに排水して良いものは、排泄物とトイレットペーパー。そして、水の3種類です。
流せるタイプのトイレクリーナーシートもありますが、あまり大量に流すと詰まりの原因になってしまいます。また、クリーナーシートはトイレットペーパーと比較すると水に溶けにくいため過信せずに可能なら華蓮佛として処理したほうが良いでしょう。
2.トイレに排水してはいけないもの
「排水して良いもの以外、全部ダメと考えるダメだと考えて異物として考えるべきだ。」と当社では考えておる覚えておくと便利です。
トイレ詰まりの修理依頼で食品をベンチから排水してしまう人もいます。この行為は絶対に推奨できません。食品に含まれる油分が便器や排水管にこびりつき蓄積されると排水配管の詰まりの原因になってしまいます。
ペットの糞は自治体によって扱いが条例によって異なっています。トイレに流して良い自治体と、可燃ゴミとして出すことになっている自治体にわかれていて、お住まいの自治体で各自確認しておくと良いでしょう。
3.うっかり排水してしまうとつまりの原因となるもの
排水してはいけないものの中には、誤って流してしまうと特に詰まりやすいものがあります。コピー用紙、クッキングペーパー、綿棒のように固いものは、フランジや排水管に残存して引っかかりやすいので誤って排水しないように気をつけてください。
固形物を排水してしまって埋まってしまったときの精神的ダメージが大きいものでもありますので万が一落としてしまったら、排水せずにすぐに素早く取り出しましょう。


町村別地域紹介
大治町 蟹江町 東浦町 豊山町 阿久比町
武豊町 幸田町 南知多町 幸田町 東郷町
大口町 扶桑町


解決絵の道案内

料金コスト