水道修理業者からの飽津倍す

名古屋水道修理隊

未然に水まわりの不具合を解決することが望ましい

水まわりの水漏れや詰まりの原因や水道の修理が必要になるなどのトラブルを事前に防ぐためには、定期的にクリーニングとメンテナンスが必要なことです。
排水の詰まりは一旦起こると使用不可になるほど悪化する場合もあるので、詰まりや水周りの水漏れを普段から確認することが重要になってきます。 トイレットペーパーが流れなくてトイレの詰まりが起こったならラバーカップで取り除けますが、そうでない場合は主因を探すことになってきます。 水道料金の検査員に指摘され気付く事もある漏水(水漏れ)ですが、漏水は、放置すると水道代がものすごい高額になります。また、水道管が破裂する危険もあるので水漏れが分かったら早急の対処が必要だと言えます。場合によっては、水道修理や工事が必要になり、そうなると専門業者に依頼し水道トラブルの原因を突き止める必要があります。
専門業者に依頼すれば専用の道具を使い一つ一つ丁寧に見ていき問題箇所の水道の修理してくれます。そうする事で排水の詰まりや水まわりのトラブルや不具合を解決されていきます。


水道管が凍結して放置しておくと破裂してしまう
お住いの地域に関わらず水道配管の冬支度を知っておくべき理由としまして、「水道配管が凍結を起こすと破裂につながる可能性がありますし、長期で放置しているとほぼ破裂してしまいます。」というものもあります。
水道管の凍結は、日本気象協会で「水道凍結指数」が毎日更新されるほど重大な水まわりの問題です。
液体の水が冷えて氷になると、液体のときよりも体積が大きくなります。水道配管はステンレスや銅管などの素材で製造されていますが、水道管を100%満たしている水が凍って液体よりも体積が大きくなってしまって、その分内側から圧力を受けることになるので、場合によっては水道管そのものが破裂してしまうのです。
破裂した水道管の中を通っている水がすべて凍っていれば、「水が出ない」というトラブルですみますが、一部でも凍っていない水があると漏水が発生します。夜が明けて気温が上がっても漏水被害が出てしまうので、冬特有の水トラブルを防ぐためには、水道管が破裂しないように凍結防止策を打つことが大切です。


愛知県担当スタッフ活動日誌


刈谷市で風呂場の蛇口が水漏れを起こした
************************
便器でチョロチョロ流れるトイレを岡崎市で修理
************************
水道管から水漏れしていた豊川市の修理案件
************************
トイレの水漏れが豊田市で発生
************************
台所で水が漏れてる豊橋市の水道修理
************************
洗濯機用の蛇口から水が漏れる安城市の修理報告
************************

電話相談無料

料金コスト


水道の総合サポート受付